HTTPSとは?

目次

  1. HTTPとは?
  2. httpとhttpsの違い
  3. SLL化とは?
  4. リダイレクトとは?

HTTPとは?

⇨個人情報がバレないhttp通信のこと ⇨要は安全性が高い通信 Webサーバーとクライアント間でのデータの送受信を行うために用いれられるプロトコル

httpとhttpsの違い

⇨安全な通信かどうか http⇨危険 https⇨安全 なぜHTTPSの方が安全なのか? ⇨SLL化ができているから

SLL化とは?

⇨情報を暗号化すること=他人が自分の情報を奪っても情報の中身を分からなくすることができる http通信ではカード番号やコードが外部の人間から見える 例えば楽天市場のサイトで商品購入するためにクレジットカードの番号とセキュリティコードを入力してその情報を送ると誰かにその番号とコードを取られるかもしれない ただhttpsの通信ではSSL化されているので まずカード番号やコードが外部の人間から見えない しかもカードの番号やコードが 1394739589→gdhがkぎdrht9hgkdhっgjkhvkんcjふぁdj: こんな感じで意味がわからん形で送られる(暗号化)ので外部の人が最悪 情報を抜き出しても不正に利用できない。

どうやってSSL化できるのか? ⇨第三者機関(認証局など)が発行しているSSL証明書というSSL化するための許可が必要 SSL化が通信で使われているかどうか=安全な方法でサイトとやり取りしているかどうかは この「鍵マーク」があるかないか SSL化されていない通信の場合↓ 保護されていないとなる

リダイレクトとは?

⇨出力先を変える=表示させる画面を変える 例えば webページを作成した後、後からurlを新しくした場合 リダイレクトしていない⇨古いurlをクリックすると古いWEBページにつながるOR ページが見つからない リダイレクトあり→古いurlをクリックしても新しいwebページに飛ぶ こんなイメージ自分で欲しい電力のとこに切り替えられる